ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Second Life Viewerのビルド(Debian)
グラフィックカードが対応していないため、結局動作しなかったが、他のマシンでビルドするとき(?)のために、作業内容をメモ。
** ハードウェア **

SONY PCG-FX33V/BP

** OS **

Debbian GNU/Linux 4.0 (etch)

** 作業内容 **

(1)必要なパッケージのインストール

・以下の通り。
# apt-get install scons
# apt-get install g++-3.4
# apt-get install libcurl3-dev
# apt-get install mesa-common-dev
# apt-get install libglu1-mesa-dev
# apt-get install libgtk2.0-dev
# apt-get install bison
# apt-get install flex

(2)ccacheのインストール/設定
※[参考-1][参考-2]に特に記載はないが、これがないとビルドできなかった。

・以下の通り。キャッシュディレクトリも適当に設定する。
$ apt-get install ccache
$ cd
$ mkdir .ccache
$ export CCACHE_DIR='~/.ccache' (~/.bashrcにも追記しとく)

(3)ソースのダウンロード/展開

Source Download page から、以下3つをダウンロードする。
- slviewer-src-1.15.0.2.tar.gz
- slviewer-artwork-1.15.0.2.zip
- slviewer-linux-libs-1.15.0.2.tar.gz
・作業用ディレクトリ(~/tmp)に展開する。
$ cd ~/tmp/
$ tar xvfz slviewer-src-1.15.0.2.tar.gz
$ unzip slviewer-artwork-1.15.0.2.zip
$ tar xvfz slviewer-linux-libs-1.15.0.2.tar.gz

(4)FMODサウンドツールキットのインストール(※必須ではない)

fmodapi375linux.tar.gz をダウンロードして、作業用ディレクトリ(~/tmp)に展開する。
$ cd ~/tmp
$ tar -xzvf fmodapi375linux.tar.gz
・includeファイルとライブラリ(shared object)を~/tmp/linden/...配下にコピーする。
$ cd fmodapi375linux/
$ cp api/inc/* ../linden/libraries/i686-linux/include/
$ cp api/libfmod-3.75.so ../linden/libraries/i686-linux/lib_release_client/

(5)ビルド

・以下の通り。
$ cd indra
$ scons DISTCC=no BTARGET=client BUILD=release
・かなり時間がかかるので、出力されるメッセージをlogfileに書き出すようにして、バックグラウンドで実行した方が良いかも。
$ scons DISTCC=no BTARGET=client BUILD=release > logfile 2>&1 &
・待つこと約6時間(!!)。実行形式secondlife-i686-binが~/tmp/linden/indra/newview/に作成される。

(6)テスト実行

・以下の通り。
$ ( cd newview && LD_LIBRARY_PATH=../../libraries/i686-linux/lib_release_client:${LD_LIBRARY_PATH}:/usr/local/lib  ./secondlife-i686-bin )
・これでうまくいけば、バイナリ(secondlife-i686-bin)を/usr/local/binに、ライブラリ(~/tmp/linden/library/i686-linux/lib_release_client/*.so)を/usr/local/libとかにコピーして、LD_LIBRARY_PATHをセットすればOK。
・がしかし、、、
→エラーダイアログには「Window creation error」、標準エラー出力には、以下のメッセージ。というわけで残念でした...orz。
2007-05-05T14:23:29Z INFO: saveToFile: Saving settings to file: ・・・ 2007-05-05T14:23:29Z INFO: ll_try_gtk_init: Starting GTK Initialization.
2007-05-05T14:23:29Z INFO: ll_try_gtk_init: GTK Initialized.
2007-05-05T14:23:29Z INFO: ll_try_gtk_init: - Compiled against GTK version 2.4.14
2007-05-05T14:23:29Z INFO: ll_try_gtk_init: - Running against GTK version 2.8.20
2007-05-05T14:23:29Z INFO: createContext, fullscreen=0 size=800x600
2007-05-05T14:23:29Z INFO: createContext: Compiled against SDL 1.2.5
2007-05-05T14:23:29Z INFO: createContext:  Running against SDL 1.2.11
2007-05-05T14:23:29Z INFO: createContext: creating window 800x600x32
2007-05-05T14:23:29Z WARNING: createContext: window creation failure. SDL: Couldn't find matching GLX visual
2007-05-05T14:23:29Z INFO: destroyContext begins
2007-05-05T14:23:29Z INFO: destroyContext: shutdownGL begins
2007-05-05T14:23:29Z INFO: destroyContext: SDL_QuitSS/VID begins
2007-05-05T14:23:29Z INFO: OSMessageBoxSDL: Creating a dialog because we're in windowed mode and GTK is happy.
2007-05-05T14:23:32Z INFO: Skipping quitCursors: mWindow already gone.
2007-05-05T14:23:32Z INFO: destroyContext begins
2007-05-05T14:23:32Z INFO: destroyContext: shutdownGL begins
2007-05-05T14:23:32Z INFO: destroyContext: SDL_QuitSS/VID begins
2007-05-05T14:23:32Z WARNING: createWindow: LLWindowManager::create() : Error creating window.
2007-05-05T14:23:32Z WARNING: LLViewerWindow: Unable to create window, be sure screen is set at 32-bit color and your graphics driver is configured correctly.  See README-linux.txt for further information.
2007-05-05T14:23:32Z INFO: remove_marker_file()

*** 参考URL ***

(*1) Compiling the Viwer (Linux)
(*2) Second Life クライアント、第 1 回: Second Life の詳細を調べる
(*3) Source downloads
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。