ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P2P版Wikipedia

[P2P]WikipediaのP2P適用について
サーバ=クライアント方式では負荷が集中した際にはサーバ等の増強が必要である。そこでP2Pの出番である。ユーザあるいはボランティアがWikipedia用のP2Pソフトをインストールし、負荷を分散させてしまおうということが今回の目的である。

お、こんなことやってる人がいるんだ、と思ったら、案、でした。でも、やればできるんじゃないかな~(無責任)。もちろん案2の方ですよ。P2Pはクライアントアプリ型ではなく、サーバー側に適用された方が断然面白い(てか、世の中Web2.0なので...)、と思っている。あと、DHT(分散ハッシュテーブル)は、そろそろちゃんと見ておいた方が良いかな~(1年くらい前にも同じことを思った記憶あり...orz)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。