ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Firefoxを光速に
Firefoxを光速に至らしめ、さらばIE
user.jsにコードを書き終え保存したら、さっそく新生Firefoxを立ち上げてみましょう。
…というわけで、やってみた。早い。感動した!
# Windows環境の場合、/Prefetch:1の記述をターゲットフィールに…云々、という記述がありますが、これはアイコン右クリックでプロパティを選択、その中のリンク先を
"C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" /Prefetch:1
てな具合にすることを意味しているらしいです。
スポンサーサイト
RSSフィードを簡単に登録するための仕様
Universal Subscription Mechanism
Universal Subscription Mechanismは、簡単にフィードをフィード・リーダーに登録するための仕様らしいで、す。
こんな仕様がすでに考えられているのですね。なるほどなるほど…。
勝手にめくれない本
「勝手にめくれない本」が登場!
本を読んでいるとき、ふと手を離したとたんにページがめくれてしまう…そんな煩わしい経験は、誰にでもあるはず。ところが、「開いた本が勝手にめくれない」という便利な製本法が登場した。
うん。これいいですね。元記事の写真がちょっとわかりにくくて、3分ほどじっと睨んでしまいましたが、要するに、提案法(写真の下半分)では、ページを開くと「パッカン」という感じ(どんな感じや!)で、180度以上に開いてしまうため、手を離しても閉じないで机に置いておける、ということ言いたいのだと理解しました。本を見ながらノートに字を書いたり(そんな機会は個人的には受験勉強以来ほとんどないのですが…)、あるいは、パソコンの操作をしたり、という行為を行う際にも便利そうですね。
ブログの発音
NHKブログ特集
「ブログ」という単語の発音が(WBSのときに同じく)アナウンサーの人はちょっと変わっていた、という話が盛り上がってるようです。
NHKがブログ番組放映
30分番組でしたが、一番印象に残ったのは、「ブログ」のイントネーション。テレビ東京のWBSのときもそうでしたが、アナウンサーは「ブ」を上げて読むんですね。
そうそう。今回のNHKのは見ませんでしたが、テレビ東京のWBSを見たときは、アナウンサーの発音(「ブ」にアクセント)に、かなり違和感がありました。ブロガーたちの発音(いわゆる「業界イントネーション」)は、たいてい平坦な発音ですよね。どうでもいいことかもしれないけれど、「ブ」にアクセントはいただけないな。なんとなく。

と言いつつ、このエントリでは「ブログ」とカタカナ表記をしてしまったが、これも実は違和感がある。「Java」を「ジャバ」と表記するくらいに…。やっぱ、「Blog」もしくは「blog」だよねぇ~。
サイドバーにdel.icio.usのBookmark
サイドバーにdel.icio.usのBookmarkを入れてみた。del.icio.usでは自分のBookmarkがRSSでも公開されるので、それをRSS Digestでjavascript化してもらって貼り付けている。
Technoratiがタグ利用の新サービス開始
Technorati Tags (blog.bulknews.net)
Technoratiが示したタグの使い方 (Going My Way)
に紹介されていたが、Technoratiが最近流行りのタグを利用した新サービスを開始したらしい。Technoratiの入力フォーム内で「tag:[タグ]」と指定して検索すると、[タグ]を含んでいるFlickrの写真と、[タグ]に関連づけられているdel.icio.usのブックマークと、カテゴリーが[タグ]になっているBlogのエントリー(RSSのdc:subjectから抽出)が、一覧表示される。
(例えば、こんな感じ(iPodでタグ検索)。[タグ]を指定しない場合は、なかなか面白い画面を表示するようになっていて、タグの人気度(?)に応じた文字サイズでタグ一覧が表示される。こんな感じ。)

このBlogの場合、FC2さんのサービスを利用していて、RSSの中にdc:subjectもちゃんとあるので、カテゴリー名(このエントリーの場合、「Blog」)でタグづけられると思われる(…たぶん)。あと、それ以外のタグをつけたい場合や、dc:subjectがないサイトの場合は、エントリーのソース中に、
" <a href="http://technorati.com/tag/[tagname]" rel="tag">[tagname]</a> "
てな感じの記述を加えれば、tagnameを認識してくれるらしい。この記述を生成するためのBookmarkletもあって、こんな感じの記述を生成してくれる。
,

どうもタグを使って世の中が徐々につながりつつありようで、なかなか面白い状況になってきた。Folksonomyなんていう言葉も出てきたみたいです。
del.icio.us試用中!
何だかdel.icio.usなるものが流行っているみたいなので、試しに使ってみている。最初MyClipのようなものかな~と思ったりしていたが、ブックマークごとにメタタグを付けられるようになっていて、これをキーに検索できたり、同じ記事をブックマークした他のユーザーIDが見れて、そこからその人のブックマークを参照できたりする。また、ユーザーごとにクリップしたブックマークのRSSが配信される仕掛けになっていたり等々…、ソーシャルな仕掛けがいろいろ盛り込まれている。まだ、全然使い込んでいないので、十分便利なのかどうかは不明ではあるが、とりあえず引き続きブックマークしていこうかな~と思っている。
# 自分で書いたメタタグのスペルが間違っていて恥ずかしいので直したいのだが、どうやればよいのか…。まだ、そんなレベルだったりするが(笑)…。
# あ、editというリンクがあった…。

del.icio.usの面白さについては、以下のエントリーあたりが参考になるかな。
なぜソーシャル・ブックマークのdel.icio.usが面白いのか
MSNが検索結果をRSS配信
MSN Search Results as RSS
MSN Search が検索結果の RSS 配信を開始。
とのこと。検索してみましたが、HTMLの画面にリストが表示されるだけで、RSSフィードはどこ?って感じ。RSS-Autodiscoveryにも対応してないみたいです。どうやら、
MSNが検索結果をRSSで配信開始
使い方は、検索結果のURLの最後に‘&format=rss’ と付け加えると、RSS Feedが取得できます。
ということらしい。やってみると、やはり、
Bloglinesでは読み込めませんでした・・
…みたいですが、手元にあるRThReader2(v2.48.0.0)では一応読めました。RSS2.0みたいですが、Bloglines、なんでダメなんだろう?
RSS検索サービスの検索結果画面でのRSS-Autodiscovery
RSS-Autodiscoveryを使ってBlogのRSSをRSSリーダーに登録できるのは便利です。

ところで、RSS検索サービスというのがあります。BulkfeedsFeedBackが1年位前にサービスを開始して以降、いろんなところで類似サービスが立ち上がっています。RSS検索はGoogleみたいにキーワードを指定して過去のBlogエントリーを探す、という使われ方もしているのですが、どちらかというとキーワードに関連するBlogエントリーのRSSをRSSリーダーで捕捉する、みたいな使われ方の方がメインになるのではないでしょうか。いわゆる「未来検索」的な使われ方ですな。

と考えた場合、当然、RSS検索サービスの検索結果画面からRSS-Autodiscoveryを利用してRSSリーダーに手軽に登録できるとうれしい…と思うのですが、意外なことに、これができるサービスはいくつか見たところほとんどなくて、唯一できるのは、FeedBackだけでした伊藤@はてなさん流石です)。その他は残念~!国内では一番最初に開始されたサービス(かな?)のBulkfeedsは、一応RSS-Autodiscoveryできるのですが、「What's New」のRSSがdiscoveryされてしまい、あまりうれしくありません。<link rel="alternate"... />タグに正しいRSSのURLが記述されていればいいだけなのですが、宮川@SixApartさん、何か意図があってこのようにされているのか…不明です。

ちなみに、調べてみたのは、以下のRSS検索サービス(Blogエントリーを検索し、結果をRSSとして返してくれるサービス)です。FeedBack以外は全滅でした。
Bulkfeeds
FeedBack
blogdb.jp
ExciteのBlog検索
Blogzineサーチ
blogWatcher
未来検索livedoor

これ以外にも、Blogを検索できるサービスは多数あるのですが、結果をRSSで返してくれないんですねぇ~。これじゃあ、せっかくのBlogなのに「過去検索」しかできないぢゃ~ありませんか。これも残念です。

【追記(2005/01/12)】
BulkfeedsblogWatcherは、RSS-Autodiscoveryに対応していただいちゃいました(コメント参照)。
Firefox検索バーでBulkfeeds利用
Firefoxの検索バーに検索エンジンを追加できるみたいなので、BulkfeedsみたいなRSS検索が追加できないかと、ウロウロしていたら、見つけました。

Firefoxのツールバーの検索エンジンリストを自作し、追加する。

へぇ~。こんな簡単にできるんですねぇ。その通りやったらあっけなくできてしまいました。もっといろいろ自分で追加してみたくなってきた。あと、gooみたいにWebからインストールさせるのはどうやるのかな。JavaScriptを使っているみたいだけれど、JavaScriptはようわからんのでのぉ…。

…と書いた後、またウロウロしていたら見つけた。自作するまでもなく、ココへ行けばほとんどそろっている。

Firefoxまとめサイト
Part of 6A…だそうな
Part of 6A
…このたび1月から Six Apart にジョインすることになりました。
Blog Hacks」と「Blog Hackers Conference 2004」勉強させてもらいました&「bulkfeeds」にはいつもお世話になってます。miyagawaさんがSixApartに移籍とのこと。6Aでは何をやられるのか…楽しみですな。
Firefoxで翻訳
もじら組フォーラム紹介されていた拡張機能「翻訳パネル」をインストールしてみた。サイドバーにテキストを入力して翻訳できる機能と右クリックで翻訳結果をポップアップ表示する機能もある。「WEB翻訳にぶち込んで出てきた物を表示するだけです」とのことだが、Exciteなんかの翻訳サイトに行ってコピー&ペーストするのは結構面倒だったりするので、こういうインターフェースはなかなか重宝しそう。

ちなみに、サイドバー翻訳はこんな感じ↓。
20050104225905.gif

ポップアップ翻訳はこんな感じ↓。
20050104225916.gif
第2回 P2P勉強会
[P2P勉強会]第2回勉強会の講師陣のご紹介
2/26(土)に電通大で行われる第2回P2P勉強会の素晴らしい講師陣をご紹介致します。
昨年9月に行われた第1回も参加したが、今回も参加しようかな~。
Firefoxに対応したgooの検索プラグイン
「goo」で「Firefox」対応プラグインを提供開始
というわけで、インストールしてみた。インストールページに行ってみると、Web検索、ブログ検索、地図、映画等々…いろいろあって面倒なので「すべてをインストール」してみた。インストール自体はリンクをクリックしてポップアップされるダイアログで「OK」するだけ。あっけなく一瞬で完了…。ん…?検索バーに追加されるということらしいが…。そもそも検索バーってどこにあんだ!?…知らずにインストールした自分を責めつつ、画面上をウロウロすること約5分。見つけました。右上の隅っこに居ました。今までGoogle専用検索入力フォームだと思っていたコレ↓です。
20050103003447.gif

なんと、Googleのアイコンのあたりを突付くとプルダウンメニューが出てきて、これで検索エンジンを切り替えられたんですねぇ(今更何を!と言わないで…)。恥ずかしながらはじめて知りました。こいつはなかなかいい仕掛けです。
というわけで無節操にインストールした結果、こんな状態になってしまいました…。
20050103003507.gif
Firefoxのテーマ変更
20050102232237.jpg

これまでほぼデフォルトの状態で使っていたが、せっかくのFirefoxなので、いろいろ弄ってみる。手始めに、Firefoxのテーマを変更してみた。やり方は…

(1)「ツール」→「テーマ」で表示されるテーマウィンドウで、右下の「新しいテーマを入手」をクリックする。
(2)テーマが紹介されているサイトにとぶので、これは!と思うものをダウンロードする。
(3)ダウンロードされたファイル(jarファイル)を、先ほどのテーマウィンドウのテーマのリストが表示されている領域にドラッグ&ドロップする。
(4)テーマウィンドウ内に、今ドラッグ&ドロップしたテーマが表示されているので、それを選択し、「テーマ変更」ボタンを押す。
(5)Firefoxを再起動する。

てな感じでとても簡単。

いくつかダウンロードして着せ替えてみたが、結局コレに落ち着いた。割とはっきりした色合いでMac風。かっこいい…と思う人がやはり多いらしく、Most Popularなテーマらしい…。
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。