ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラッシュメモリiPod
フラッシュメモリiPodは本当に登場するのか
「4~5Gバイトの容量があれば700~1000曲の音楽を保存できるが、(ハードディスク搭載小型プレイヤーの)人気が高い理由は、大半の人はそれで十分と感じており、それ以上多くの曲を保存しておく必要がないからだ」とBakerは述べ、さらに「(小型プレイヤーに)10Gバイトのハードディスクを搭載して250ドルで発売しても、あまり売れないだろう。人々は大容量化を望んでいない」と付け加えた。
フラッシュメモリはHDDに対する破壊的イノベーションであるという仮説は如何。クリステンセンならどう分析するかな。音楽プレイヤーの次の上位市場は何だろう。オフィス用PCとか…。
スポンサーサイト
Thunderbird 1.0日本語版インストールしてみた
Outlookが起動しなくなった。

「序数36がダイナミックライブラリー MAPI32.dllから見つかりませんでした。」と言われる。ぐぐってみると、いくつか情報があった。
ThunderbirdをデフォルトにするとOutlook起動できず
そうそうまさにこの現象。Outlook2003にアップグレードしたら直ったとのことだが、当方ライセンス無し…orz。
mapi32.dll関連では、以下情報あり。
[OL2002] 起動すると、競合の解決についてのエラー メッセージが表示される
Outlookについて
なんとなく、msapi32.dllをThunderbirdが上書きしてしまうことに原因があるような雰囲気。But上のやり方で復旧を試みるがダメ。

というわけで、Outlookを入れなおしてみるしかないかな…。

と思っていたら、
Thunderbird 1.0 日本語版」が不具合で公開一時中止、28日に修正版を公開
とのこと。

しばし待て。

[追記(2005/01/05)]
Thunderbirdを正式版にし、然る後にOutlookを再セットアップしたところ、Outlookが起動するようになった(ほっ)。やはり、mapi32.dllをThunderbirdが上書きしてしまうみたいですな。Thunderbirdを入れる前にmapi32.dllのバックアップをとっておいて後で元に戻すってのが、今のところ最良の対応策でしょうか…。
Mozilla Outlookに対抗する新プロジェクト
モジラ、MS Outlookに対抗する新プロジェクトを立ち上げ
Mozilla Foundationは「Lightning」と名付けられたプロジェクトを通して、カレンダーアプリケーションの「Sunbird」と、最近発表された電子メールアプリケーションの「Thunderbird」を統合していく計画だ。このプロジェクトで誕生する新しいソフトウェアは、Microsoftの Outlookと競合することになる。
ブラウザはFirefox、メーラはThunderbird、スケジューラはOutlookを使っていて、かつ、PDA(hp iPAQ Pocket PC h2210)と同期している。PDA連携が上手くできるのなら間違いなく全部Mozillaだな。
Thunderbird 1.0 日本語版
Mozilla Japan、メールクライアント Mozilla Thunderbird 1.0 日本語版を公開
おお、待ってたよ。早速v0.8日本語版から乗換えだぁ。
iTunes対応のFOMA
iTunes対応のFOMA NTTドコモが発売へ
NTTドコモは、米アップルコンピュータの音楽圧縮方式に対応した第3世代携帯電話端末「FOMA F901iC」(富士通製)を24日から発売する。アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod」同様、使い勝手の良さが人気を集めるパソコンソフト「iTunes」から楽曲を転送して楽しむことができる。
うわっ。動き早すぎ。iPodが携帯電話化するよりも先に携帯電話がiPod化した。日本ではすでに携帯上でいろんなサービスが実現されているので、こっちの方が自然で受け入れられやすいかも。
□関連記事:
AAC 対応携帯
ドコモがiTunes対応
Yahoo! Search Video
Yahoo! Search Video
配信する側でいくと、各種オーサリングツール(Real や Flash) でこうした RSS の生成まで面倒みてくれるようになれば便利ですし、また Movable Type や TypePad といった Blogging ツール側で、動画や音声の添付と、それに対応する Media RSS の自動生成といったプラグインなども考えられますね。…いろいろ RSS 界にとっては、楽しみな動きになってきそうです。
ふむふむそうですか。Media RSSですな。覚えとこ…。
iPodファンがCM自主制作
『iPod』ファンが自主制作したCM、ウェブで話題に
米アップルコンピュータ社の『iPod』(アイポッド)のコマーシャルが、マーケティング業界で話題を呼んでいる。ただしこのCMは、学校教員のジョージ・マスターズさんが自主制作したもの。ウェブで「ウイルスのように」急速に広まり、人気を博しているという。
Blogによって個人ジャーナリズムのようなものが発生しつつあると言われたり、またそれを一つの広告媒体とした個人アフィリエイトのようなビジネスが注目されたりしているが、こっちは、広告そのものを個人が制作してしまったってこと。マスターズさんは、iPodが好きで、純粋に作りたくて作っただけのようだが、何やら広告ビジネスの一つの未来像が見えてきそうである。昨日の「iPodの広告風写真サービス」もそうだが、Appleの商品力はものすごい。合掌。
P2Pファイル交換ソフトはわずか15行のコードで書ける
P2Pファイル交換ソフトはわずか15行のコードで書ける
Felten教授は、TinyP2Pを作った理由が著作権侵害を推奨するためではないとしており、むしろ著作権侵害に断固反対する姿勢を明確にしている。
てことらしいが、15行で書けるんなら、ちょっと良からぬことの一つもやってみたくなるのが人情ではないでしょうか。
FeedMeter
FeedMeter
アクセス解析サービスのRSS版であって、かつ、ランキングをアクセス情報とリンク情報から計算し、公開している。なかなかうまいこと考えますね。というわけで早速設置。
iPodの広告風写真作成サービス
自分の好きな写真をiPodの広告風に加工してくれるサービス(ipod my photo)があるらしい。清澄日記さんの紹介。

サンプルを見ると、妙にそれっぽい。でもって、あらゆる生活のシーンにiPodを!というメッセージが自然に伝わってくる。"...iPod My Photo is not affiliated with Apple Computer in any way, except that we love iPods."とコメントされているので、Appleは関わっていないようだが、コストを全くかけずにみんなが勝手に宣伝してくれるので、Appleからするとものすごい効率の良い広告媒体が天から降ってきたようなもの。こんな広告戦略ほかにも転用できるかなあ。どうだろう。
写真共有サイト:flickr
少し前から気になっていたのだが…。

ブロガーに人気の写真共有サイト『Flickr』
Flickrが提供するサービスにより、ユーザーはデジタル写真をアップロード、保存、整理したり、カメラ付き携帯電話で撮った写真を自動的にブログに掲示したりできる。さらに、他のユーザーが投稿した写真にコメントや書き込みができることから、公私それぞれのテーマに応じたグループがいくつも生まれている。また、Flickrのメンバーは誰でも、他のメンバーが撮った写真を利用できる。

時系列に写真を並べるモブログとはちょっと違う。写真共有コミュニティというか、写真を介したソーシャルネットワーキングというか…。クリエイティブ・コモンズのライセンスで写真を公開することもできるみたいで、Flickr: Creative Commonsからライセンス別に写真を閲覧することもできる。

# そのうち日本でも同じようなサービスが出てくるんだろうな。
本棚.org
最近読んだ本中心に本棚.orgなるものに登録してみた。
ONの本棚です。以後よろしく。
項羽と劉邦
「項羽と劉邦」を読んだ。項羽的リーダーはリーダーの一つの典型であるが、果たして劉邦的リーダーは現代において現実に存在しうるだろうか。人望の本質は無能であるということ。つまり、彼に対してつい「知恵をしぼりたくなるような人格的ふんいき」を持っているということ。史記の人物を通して見た司馬遼太郎的リーダー論。面白い。感動した。
項羽と劉邦 (下巻)
項羽と劉邦 (下巻)
posted with amazlet at 04.12.17
司馬 遼太郎
新潮社 (1984/09)
売り上げランキング: 21,793
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.33
5 これを読んで司馬文学のファンになりました。
5 中国の奥深さ
3 学ぶ
Skeletal Systems

Skeletal Systems

こいつぁすごい。キティちゃんやピカチューには激しく反応するウチの子供たちに見せたらどんな反応をするだろう。脱帽。
コミュニティサイト「おぴネット」開始

コミュニティサイト「おぴネット」開始~2005年3月までに100万人を目標
おぴネットは6日、ポータルコミュニティサイト「おぴネット」を開設し、12月10日にサービスを開始すると発表した。

どうもサービス内容がようわからんので、アイランドなるものを運営するのに月額4800円が高いのか安いのか不明。会員登録は無料らしいが、それで何かうれしいことがあるのかないのか…。大いに謎ではあるが、とりあえず会員登録してみるかのぉ。てなことを考えている人を集めても、果たして100万人になるのかならないのか…。これまた、大いに謎である。
調査結果「ミュージシャンはファイル共有に好意的」

調査結果「ミュージシャンはファイル共有に好意的」
約43%が、「幅広い聴衆にアーティストの作品を宣伝、販売できるので、ファイル共有は実のところ、アーティストにとってそれほど悪いものではない」という見方に同意している。

要するに、ネット上での自由なファイル交換の存在を前提にした、うまいビジネスモデルが構築できれば良いわけだが…。その点、レコミュニの試みは面白いと思っているが如何?
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。