ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LinuxのデスクトップをMacOS X風に変更
GNOMEがOS X風になる--1
GNOMEがOS X風になる--2
あたりを参考に、自宅Debianマシンで、やってみた。

1.テーマのインストール
(1)「GNOMEがOS X風になる--1 」に記載されているところからMacOSX風のデスクトップテーマをダウンロード(いくつかあるのでお好みに応じ適当に)。
(2)「デスクトップ→設定→テーマ」で起動する「テーマ設定」画面で「テーマ詳細」を選択。
(3)「コントロール」「ウィンドウの境界」「アイコン」のそれぞれに対しテーマを適当に選択。
以上で、そこそこそれっぽくなるが、OSXのドックを実現すため、以下をやる。

2.gDesklets のインストール
(1)パッケージのインストール
# apt-get install gdesklets
# apt-get install gdesklets-data
(2)「アプリケーション→アクセサリ→gDesklets」でgDesklets Shellが起動。
(3)「Toolbar/Launchers」の「Starter Bar」を選択し「ファイル→パッケージのインストール」
(4)「デスクトップ→セッション」で起動する「セッション」画面の「自動起動するプログラム」タブで「gdesklets start」の記述を追加(次回gnome起動時から自動起動となる)。
(5)後はごにょにょStarter Barにアプリを追加。

...で出来上がったのが、以下の画面。なかなかいい感じです。

Screenshot.png
スポンサーサイト
Second Life Viewerのビルド(Debian)
グラフィックカードが対応していないため、結局動作しなかったが、他のマシンでビルドするとき(?)のために、作業内容をメモ。
[Second Life Viewerのビルド(Debian)]の続きを読む
Debian再インストール
自宅PCのLinuxパーティション(Debian3.1(sarge))のどっかが壊れて起動しなくなったため、再インストール。ちょうど、こないだDebian4.0(etch)がリリース されたばかりなので、早速こいつ(etch)を一から入れてみた。

Linux歴は95年あたりのslackwareに始るが、インストールツールがどんどん良くなってますね(当たり前ですが)。適当にデフォルトでやると、きちんと使えるようになる。sargeのときもそう思ったが、日本語環境でちょこっと設定が必要だったり、X windowがデフォルトでは起動しなかったりしたが、今回はホントに全く何もせず、ちゃんとしたデスクトップ環境(gnome)で日本語が使える(作業時間は約2~3時間)。

というわけで、世の中きちんと進化してますね、と思った次第です。

※ちなみに、Debianのインストールは、以下が参考になります。
http://debian.fam.cx/index.php?install
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。