ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ised - 情報社会の倫理と設計についての学際的研究

isedの今後について
この夏にいちどある出版社に出版が決まったもののの、そのあと企画会議で企画が通っていないらしく、出版の話は進んでおりません。
他方、現在のGLOCOMにサイトの運営方針について問い合わせたところ、「ご要望の通り残すことにしてはいますが、データのバックアップは念のため取っておいてください。」との答えでした。

難しくてついていけない議論もあったが、多くの示唆を与えてくれた。GLOCOMは「未来永劫」残しておくべきだろ。というのは言いすぎかもしれんが、「バックアップは念のため...」なんて、とっても事務的なお返事なので...。
スポンサーサイト
効率性、セキュリティ、社会のまとまり

世界の将来シナリオと企業戦略
こいつは、あの石油のシェルが、自社の長期的なビジネス戦略を立案するために、2025年までの世界の展開についての分析と予測を委託した本だ。いったいシェルは、どういう世界認識のもとにビジネス戦略をたてればよいのか? 本書はそれに対する答えとなる。


Shell Global Scenarios to 2025: The Future Business Environmenttrends, Trade-offs And Choices

この本に関する山形浩生さんの要約。原書は読んでいないが、将来を見通す新しい思考のフレームワークがここにある。素晴らしい、と同時に悩みはさらに深まる、という感じ。頭を整理する意味で、自分の解釈も含め、さらに要約してみる。

人々が重視する3つのもの「効率性」「セキュリティ」「社会のまとまり」があるが、これを3つとも実現することはできない。良くてこのうちの2つ。人類がどの2つを重視し選択するかによって、以下のように将来シナリオは変わる。

(1)効率性とセキュリティ
→厳しい規制や法律で集団同士がかろうじてつながっている格差社会
(2)セキュリティと社会のまとまり
→悪しき伝統を重視したナショナリズム社会
(3)社会のまとまりと効率性
→イノベーショナルな低セキュリティ社会

で、どれを選択するかは、世界における信用のあり方が関係している。相互の信頼関係が高いと皆が感じている状況(性善説)では(3)が選択されやすく、逆の状況(性悪説)では、(1)か(2)が選択されやすい。

ここからが自分の解釈…

現在、リアル世界では、性悪説が前提となっていて、(1)or(2)の方向を向いている(=安全重視・監視社会)。一方、ネット世界では、性善説が前提となっており、(3)の方向を向いている(=あやういユートピアとしてのWeb2.0)。高いイノベーションと発展を実現させるためには、当然(3)のシナリオが望ましいが、その際、従来からあるセキュリティシステムに依存せずに、情報・人の信頼・信用をネットにおいてどのように表現するかが課題となる。

Shell Global Scenarios to 2025: The Future Business Environmenttrends, Trade-offs And Choices Shell Global Scenarios to 2025: The Future Business Environmenttrends, Trade-offs And Choices
Jeroen van der Veer (2005/06/30)
Inst for Intl Economics
この商品の詳細を見る
プライバシーの経済学
プライバシーの経済学

こんなことを対象にする経済学がすでに世の中に存在していたのですね。知りませんでした。で、そこでは、プライバシー情報を出すことのリスクとサービスを受けることのメリットとの「バランス」が問題視されているようなのですが、プライバシー情報をどう扱うかに関しては、個人的にはもう少し違う視点も必要なのでは、と思ってます。どのプライバシー情報を、どの範囲まで公開するのかを、個人が完全にコントロールできるようにすることは重要なのですが、それをシステムとして実現し、維持していくには、ものすごくコストがかかります。しかも、このシステムのコストは企業が負担して、企業がシステムを維持・運営していくので、「バランス」の最適値が、どうしても企業有利の方向(個人の権利重視ではなく企業の利益重視の方向)に振れがちになりはしないでしょうか、ということをもっと問題視した方が良いと思っています(神経質過ぎるかもしれませんが…)。ある人は、もしかすると、この問題を解消する一つの解は、個人の権利を手厚く保護できるように法律を強化(個人情報保護法を強化)することである、と言うかもしれません。が、そうすると当たり前ですが今度は企業の負担が増えて、逆の「バランス」になり、企業側のメリットが損なわれてしまう可能性がでてきます。では、どうすればよいのでしょうか?その答えに対するヒントは、レッシグが「Code-インターネットの合法・違法・プライバシー」の中で言っていたような気がしています(もしかしたらこの文脈ではなかったかもしれませんし、そもそも誤読かもしれませんが、間違いをおそれずに言うと…)。システム(CODE)を完璧にするのではなく、あえて粗くて緩いままにし、「抜け」がある状態にしておくことが必要ではないでしょうか、と言っていたように思います。つまり、システムをわざと「おバカ」にしておくと(例えば個人情報を覚えても、ときどき忘れてしまうシステムとか、覚えようとしてときどき失敗してしまうシステムとか、間違ったことを推薦してくれるとか…)。ある意味、変ですけど、わざと不完全にして人間らしくしておいた方が、世の中丸く収まるのかもしれません。ということで結構共感できたりします。実際にホントにこんなシステムを誰かが作るかっていうと怪しいかもしれませんが…。一つのヒントとなるかもしれませんので、指摘しておきます。

# えっと、今日は、この分野、全くの素人のくせに、エラそうに語ってみました。自分の頭を整理するためです。ご容赦を。

CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ (2001/03/27)
翔泳社
この商品の詳細を見る
3D地図+時間=2045年の地図

2045年の地図
前回のエントリーで、Second Life上でハイパーマップのようなことをやったら面白いという話をしました。この話を少し進めてみましょう。…wikipediaは確かにすばらしいプロジェクトですが、紙と活版印刷の時代における知の集積の仕方をひきずっています。Second Lifeにはそれを超える可能性を感じてなりません。

Second Lifeのような3D空間に時間の概念を取り入れて、ハイパーマップ化すると、これまでの知の集積のありかたが、大きく変わります、というお話。
パーキンソンの法則

自転車置場の議論
人が集まると、なぜかどうでもいいようなことほど議論が紛糾してしまう傾向がありますが、


こういうのを「自転車置場の議論」とか「パーキンソンの法則」とか言うらしいです。おぼえとこ。
技術革新は消費者から
技術革新は消費者から--MITメディアラボ新ディレクターが語る未来
リードユーザーイノベーションを越えて
これは注目しておくべき動き。企業対消費者という構図が、今後数十年でゆっくりと大きく変わって行く、そのはじまりの時代が今ではないかなと。以下の本は読んでおきたい。
民主化するイノベーションの時代
民主化するイノベーションの時代エリック・フォン・ヒッペル サイコム・インターナショナル

ファーストプレス 2005-12-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ミレニアルズ
新時代の到来を告げる「ミレニアルズ」
社会学者たちは、デジタル技術とマスメディアによって、絶えず感覚を刺激されながら育ったミレニアムの若者たちを「ミレニアルズ」と名付けた。

以前読んだ以下の本(↓)にも似たようなことが書いてあった。「ミレニアルズ=ケータイを持ったサル」ということですかな?
ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊
正高 信男

中央公論新社 2003-09
売り上げランキング : 9,650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。