ON's memo
Internet Technology, Social Media, Web Community, Media Business...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著作権保護期間の延長問題を考える国民会議

「議論尽くさない著作権保護期間の延長にNO」・作家や弁護士らが団体発足
著作権管理団体などが音楽や絵画などの著作権保護期間を現在の死後50年から同70年に延長するよう求めていることに対し、慎重な議論を呼びかける団体が8日、作家や弁護士らが中心となって発足した。

著作権者の側から出て来た動きということで興味深い。延長しても創作意欲は高まらず、誰のためにもならないのです。

※関連リンク
[著作権]著作権保護期間の延長問題を考える国民会議
著作権保護期間の延長に反対する団体が発足

※参考図書
コモンズ コモンズ
ローレンス・レッシグ (2002/11/30)
翔泳社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
タダコピ:用紙裏広告でコピー無料

「タダコピ」大学で人気 用紙の裏、広告で無料
首都圏の大学で、無料で利用できるコピー機「タダコピ」が人気を集めている。仕掛けたのは、学生のベンチャー企業。コピー用紙の裏面に企業広告を載せることで、コピー代をタダにした。

というわけで、とても良い所に目をつけてますなぁ(この手のビジネスモデルが出て来るといつも思うことだけれど、なんでこんな簡単なことこれまで思い付かなかったんだっ!)。で、こんなのが一気に普及すると、権利者たちが騒ぎ始めるんじゃないか、という意見もあるようです(↓)。

タダコピ
この規定によって、大学の生協やコンビニなどに設置してあるコピー機を使ってのコピーも第30条の権利制限の範囲に含まれるのである。この附則は、文献複写の分野で権利処理の体制が整っていないことが背景にあるのだが、これまでもこの附則を廃止すべきとの要望は、権利者団体から出されている。「タダコピ」が普及すると、ますます附則の廃止の要求が高まるんじゃないだろうか。利用者にとっては魅力的なサービスだけど、普及しすぎると変な動きが出てきそうで、少々心配である。

著作権保護期間延長について
HotWiredで、白田先生が、
やっぱり著作権保護期間延長を批判する
という記事を書かれています。きわめて論理的に20年延長の無意味さを説かれているようで、基本的には賛成。ちと長いのでとりあえずメモ、後でじっくり読んどく。
copyright © 2005 ON's memo all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。